アスパラガスを発見

中川家の家庭菜園をはじめて、最初に植えた野菜です。
古家を解体して、うわかの60センチの土を捨て、六甲山の真砂土を60センチ入れてもらう計画でした。
2015年の秋作から始める予定でしたが、工事が遅れてしまいました。
すでに国華園から、アスパラガス「ゼンユーヨーデル」10株が届いていました。 国華園に問い合わせると、そのまま保管しておいても問題ないと教えてもらったので、工事が終わった2015年の12月に植えました。
アスパラガスには、雄と雌があるそうです。
雄の方が収穫量が多いそうで、その雄ばかリを揃えてるので、このようなネーミングになったのでしょう。
10年間はそのまま収穫できるそうです。
今日、良く見たらアスパラガスが芽を出していました。

投稿者: 中川家

阪神間に在住の60歳台の男性です。 2年前に古家を更地にし、真砂土を入れました。 今年は3年目に入り、土も少しは畑らしくなって来ました。 試行錯誤の繰り返しでが、ブログをはじめます。 よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です