ナスタチウム


2月中は、畑仕事もすることが無くて退屈です。
何か植えるものが無いか探していましたら、3月初旬から植えられるナスタチウムを見つけました。
1年中そうなのですが、種まきの最適時期が何月~何月と書いてあったら、その中間くらいが一番良いと思うのですが、いつも待ちきれず、その最初の時期に種まきをしてしまいます。
ナスタチウムは、ハーブの一種です。花は鮮やかなオレンジ、黄色などです。花も葉っぱも食べられます。独特のピリッとした辛みがあり、サラダなどのアクセントや、肉料理の付け合せに使われます。
ナスタチウムのコンパニオンプランツとしての働きは、アブラナ科からコナジラミを守り、アリやカメムシを遠ざけます。テントウムシを呼び寄せて、アブラムシを除去します。
種を見ておどろきました。
大きさは5ミリくらいで丸いです。
まるで、庭の木によくいる、巨大な緑色でしっぽに角がある、大きな蛾の幼虫のフンのようでした。


25穴セルトレイに1粒ずつ播種しました。
発芽適温が15~20度と、あまり高くないので、愛菜花は必要ないと思いますので、芽が出るまで、部屋の中で保管します。

投稿者: 中川家

阪神間に在住の60歳台の男性です。 2年前に古家を更地にし、真砂土を入れました。 今年は3年目に入り、土も少しは畑らしくなって来ました。 試行錯誤の繰り返しでが、ブログをはじめます。 よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です