マリーゴールド

コンパニオンプランツとしてよく知られている植物です。
メキシコ原産ですが、フレンチとかアフリカンとか品種があるそうです。キタネグサレセンチュウに効果があるそうです。品種はアフリカンの方が効果があります。
昨年はタキイ種苗からアフリカントールを購入しました。
線虫抑制のためと言うよりは、畑が殺風景なので景観のためです。
根は意外と浅く、簡単に引き抜くことが出来ました。
茎は太いですが、すぐに倒れます。倒れて地面につくと、そこから簡単に根が出てきます。匂いは決して良いとは言えませんが、仏壇の花として重宝しました。
茎は太いですが、柔らかく分解しやすく、緑肥として扱いやすいです。
背が高く、倒れやすいので、今年は上の写真の普通のアフリカンマリーゴールドの種を購入しました。

投稿者: 中川家

阪神間に在住の60歳台の男性です。 2年前に古家を更地にし、真砂土を入れました。 今年は3年目に入り、土も少しは畑らしくなって来ました。 試行錯誤の繰り返しでが、ブログをはじめます。 よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です