黄色いバケツ

「ドクター古藤の家庭菜園診療所」古藤俊二作、農文協
に紹介されていました。
害虫は黄色に誘引される種類が多くいます。
6リッターの黄色いバケツをネットで探しました。

アブラムシトラップ


・水 3リッター
・ヨーグルト 大さじ1
・ハチミツ 1~2滴
・ごま油 1~2滴
アブラムシのトラップとして、ソラマメの畝の横に置きました。

ヨトウムシの蛾のトラップ


こちらは、ヨトウムシ対策のトラップです。
同じく黄色いバケツです。
・バナナ 1本
・焼酎 60ml
・お酢 60ml
・ごま油 1~2滴
ラップで蓋をして、10円玉大の穴を開けています。
同じく、ソラマメの畝の横に置きました。

クローバーの種まき

赤クローバーメジウム

多年草で根は強い直根性で、白クローバーのようにほふく茎を出して雑草化しません。
ダイズシストセンチュウを抑制すると言われています。
中川家の家庭菜園では、土地を肥やすためと、景観の目的で植えています。

クリムソンクローバー

1年草で同じくダイズシストセンチュウを抑制すると言われています。
タマネギのコンパニオンプランツで、アブラムシやアザミウマに効果があるそうです。
同じく、土地を肥やすためと、景観の目的で植えています。

ネキリ虫

憎っくきネキリ虫発見


長ネギの収穫を終えて、畝をかたずけていたら、ネキリ虫を見つけました。
ネキリ虫はネギが好きなようです。
長ネギの苗を作っていた時も、毎日ネギの苗が倒れてゆきました。
倒れたネギの苗の根本の土をほじくると、ネキリ虫がみつかります。
他に食べるものがたくさんあるのに、よりにもよってなぜネギが好きなのでしょうか?
冬場も土に潜っていて、暖かい日には土から出てきて野菜をかじります。困った生き物です。大量に出たときは腹が立って踏みつぶしますが、寒い日に1匹だけ見つけたので、かわいそうになり、写真を撮ってから、菜園に害の出ない離れた庭に放しました。

スイートコーン

アワノメイガ

スイートコーンで一番困るのが、害虫のアワノメイガです。
家族で食べるのは問題ないですが、もし誰かに差し上げて虫が入っていたら、ビックリされると思います。
この2年間、春、秋、何回か栽培しましたが、毎回アワノメイガにやられています。
出来るだけ農薬は使いたくないので、その他の対策として、

必要な雄穂を数本残して他を切り取ってしまう

雌花が出る時期が結構バラバラで、うまく受粉出来るのか心配です。

防虫ネットを張る

スイートコーンは背が高いので、ネットを張るのも大変だし、除草とか追肥、土寄せなど、ネットがあると面倒です。ついつい、手抜きをしてしまいます。

アワノメイガの発生前に収穫する

やさい畑2017春号で見つけました。今年はこれで挑戦します。

種は、タキイの「おひさまコーン7」です。
種の袋にはトンネル栽培で3月上旬から種まき可能です。

〔タキイの品種カタログより〕

タキイのホームページでは2月中旬から種まき可能と紹介されています。
種は3月以降発売とありましたが、タキイ種苗にお願いしたら、早く送っていただきました。